Columnきかくやブログ

マーケティングのことや日々の暮らしのお役立ち
情報まで、幅広い分野での情報をお届けいたします。

水素ケアに欠かせない知識「酸化と還元」

水素ケアを行う上でかかせない知識に「酸化と還元」があります。小学校や中学校の理科、科学で聞き覚えがある!という方も多いのではないでしょうか。

水素と酸素は密接な関わりがあり、H2Oを分解して考えるとよくわかります。科学式で表現すると、水素はH、酸素はO、水素2と酸素1つが結びつき水となります。

一般的に「酸化する」とは、電子を失うことと表現しますが、想像しにくいですね。身近にも「酸化する」ということはおきていて、例えばリンゴが茶色くなったり、鉄製品が錆びたりといったことが身近にある酸化です。では、酸化と還元をできるだけわかりやすく解説していきます。

酸化と還元

酸化とは
  • 電子(e−)を失うこと
  • 水素(H+)を失うこと
  • 酸素(O)と結合すること
酸化

電子と水素を失う物質の酸化は、「老化」や「サビ」、「腐敗」を意味し、シミやシワの原因にも繋がります。

一番わかりやすい例が鉄の酸化です。鉄は酸化することによりサビという本来と違った姿に変化します。また、食べ物も酸化により色や味が変化していく腐敗が起こります。リンゴを切った後そのままにしておくと茶色になるのが酸化です。

では、人間の場合はどうでしょう。人間でいう酸化は、一番わかりやすい例が老化で、栄養や水分、老廃物の出し入れがスムーズにできなくなってしまいます。その結果、老廃物が体に溜まったり水分をしっかり取り込めずにシワができるなど、老化という現象につながるのです。

鉄などの物質や食品は酸素のない場所に置いたり、密封真空パックに入れるなど、酸素とできるだけ触れ合わない場所に置くことで酸化を防ぐ対策をとることが可能です。しかし、人間は生きるために酸素が必要不可欠であるために、酸素と触れ合わない場所にいることは困難ですね。ですから、老化を防ぐことは難しいのです。

還元とは
  • 電子(e−)を得ること
  • 水素(H+)を得ること
  • 酸素(O)を失うこと
還元

電子と水素を得る物質の還元は、「酸化予防」や「老化の予防」を意味します。人間の身体で例えると、よく耳にするエイジングケアが還元にあたります。

酸化するのは、人間の身体では、劣化や老化していくことだということはわかりました。では還元作用で登場する「水素」は人間の身体の中でどのような働きをするのでしょうか。できるだけわかりやすく解説していきます。

水素は身体の中でどのように働くの?

まず水素の働きを語る上で欠かせないのが「呼吸」です。わたちたちが生命活動を維持する上でかかせません。1分間に12〜20回呼吸しているといわれていて、座っている状態や運動した状態などにより回数は変化します。当たり前ですが、意識しなくても呼吸をすることができます。

その呼吸で取り入れられた酸素は、肺や心臓を通り全身の細胞に届けられます。その細胞の中でエネルギーを作り出しています。そのエネルギーを作り出す構造物が、細胞質に存在する「ミトコンドリア」です。また、エネルギーを作り出す過程において、その酸素の中の1〜2%の酸素が活性酸素と呼ばれる不安定な物質に変化します。

ミトコンドリアは、「エネルギーを生み出す」ことと「悪玉活性酸素を生みだす」2つの働きをします。

ミトコンドリアから生まれる悪玉活性酸素とは

私たちの生命活動の中で、呼吸として取り込まれた酸素の一部が活性酸素に変わりその一部1〜2%が活性酸素に変わります。

その活性酸素には善玉と悪玉の2種類が存在し、その中でも善玉はウイルスなどを攻撃する役割を果たし、私たちの免疫機能を維持する需要な役割をします。

しかし、悪玉の活性酸素はよい働きはなく、非常に酸化力の強い物質で、細胞膜やタンパク質などを破壊してしまうという事がわかっています。。

ここで登場するのが「水素」です。この悪玉活性酸素と結合して排出するために「水素」は活躍します。

水素

ここまで、理科や科学のお勉強のような話になってしまいました。具体的に「水素」の代表的な特徴を3つ程ご紹介したいと思います!

  1. 水素と結合しても水しか出ない

水素と悪玉活性酸素が結びつくと、無害の水になります!この無害の水は尿や汗となって出ていくため、とても健康的ですよね。水素自体は腸内環境がよければ自身の体内からも発生しているものなので、もちろん副作用もありません。そして、年齢も性別も関係なく、みんなが利用し、美しく健康な生活を過ごせるというのがうれしいポイントです!

  1. 悪玉活性酸素だけを除去してくれる

水素は悪玉活性酸素を除去します!と言われると「ビタミンCとかの抗生物質も除去できるって聞いたよ」と思う方も多いですよね。こういった物質はわたしたちを守ってくれる善玉活性酸素まで除去されるケースもあるので、必要に応じて摂取を検討すると良いでしょう。

  1. 水素は身体の隅々に行き渡らせることができる

水素は、宇宙で最も小さく軽い分子です。そのため、他の分子では行き届かない脳や血管、骨など、至るところまで届くのです!

さらに、水素は水と油のどちらでも通り抜けることができます!細胞には脂質部分と水の多い部分があります。

ビタミンCは水溶性であるため脂質は通り抜けできず、ビタミンEは脂溶性のため水は通りません。「水素」は水と油、どちらとも通り抜けることができるため到達できない場所がないのです!

夕日と女性

まとめ

私たちの身近な科学反応である「酸化と還元」ここに深く水素は関わっていることがわかりました。そして水素は宇宙一小さい物質。身体の隅々まで行き届く万能な抗酸化物質です。積極的に「水素」を取り入れ健康で美しい毎日を過ごしましょう。

七色rainbow鉛筆

ここまでお読みいただきありがとうございました。
仙台にある「水素.labo」では、皆様の健康と美容に関するお役立ち情報をお届けいたします。

仙台駅から徒歩圏内。1回30分¥3,500(ご自宅ケア用サプリメント付き)で水素ケアが可能です。気軽に「水素ケア」を始めてみませんか。

LINEで送る
Pocket

  • Contactお問い合わせ

    Webプロモーション、制作などお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

  • お問い合わせをする